プロジェクト

TOHOsでは、様々な未来に向けての取り組みを始めています。
ここにその一部をご紹介します。
これら以外の取り組みも続々実施の予定です。

現在実施中の事業

以下の事業について実施中もしくは計画中です。
皆様のご意見ありましたら、積極的にお聞かせください。

地域通貨実証実験

地域の自立はまず村外に出ていくお金を抑えること。

久留米大学駄田井名誉教授の監修により、東峰村内だけで循環する地域通貨「とほっぴマネー」を発行し、貨幣の地域循環から始めます。
「とほっぴマネー」は15年以上の実績がある「かっぱマネー」をベースとし、企画運用の協力を得ながら、「令和2年度経産省JAPANブランド育成支援事業」の実証実験の場として、令和3年1月〜6月末まで実証実験を行います。

地域通貨のデジタル化

  • 「令和2年度経産省JAPANブランド育成支援事業」として、地域通貨のデジタル化も併せて行うことが決定しておりますので、実際の紙幣についているQRコードを読取る事で、経済活動のみえる化にも挑戦します。

実証実験の詳細 >>

Page Top